Lonely Kingdom

半ヒキぼっちロンのおひとりさま雑記。在宅ワーク、ご飯に映画、たまに旅行。

夏の終わりの北欧ぼっち旅2

こんにちは、半ヒキぼっちのロンです。

コロナ禍で暫く旅行は難しそうなので、代わりに旅先で撮った写真を見てまた今度行ける日に向けてイメトレ?してます。

10年ほど前に北欧へぼっち旅した時の写真で当時の記憶が蘇ったので、今回はその時の珍道中その2です。

前回の記事はこちら↓

lonelykingdom.hatenablog.jp

 

デンマーク滞在2日目はコペンハーゲンからちょっと足を延ばして北へ向かう事にしました。

 

フレデリクスボー城のあるヒレレズ、そしてその先のクロンボー城のあるヘルシングエーアへ電車で回りたかったので、コペンハーゲン中央駅へ。

コペンハーゲン近郊の公共交通機関の切符はゾーン制で、購入切符のゾーン内&時間内なら1つの切符で電車、バス、メトロに乗れます。ちょっと複雑ですがいちいち切符を買う手間が省けるので慣れると便利でした。今もそうなのかな?

 

券売機の操作がまだよく分からないので、この日も駅員さんから買う事に。ヘルシングエーアまでだと一番範囲の広いゾーンなのと、行き方、帰り方についてきちんと決めてなかったので、確か思い切って全ゾーン24時間の切符を購入したと思います。

カウンターで切符を購入し、ついでにヒレレズまで行く電車はどのホームへ着くのか尋ねます。

  

無事正しい電車に乗れたみたいで、路線図の通りに駅を通過し、50分ほどでヒレレズ駅に到着しました!

 

ヒレレズ駅前カフェ

北欧の夏の終わりはかなり涼しいです。コペンハーゲンよりも北だからか、空が曇っていたからか、電車から降りて改札を出たら、肌寒い。フレデリクスボー城まで歩く前に温かいものが飲みたくなって、駅前にあったカフェに入りました。ピッツェリアバーも兼ねてるみたいで、ピザの誘惑が危なかった。

f:id:LonelyKingdom:20200724013712j:plain

カフェオレで散策前にホッと一息。

 

当時は今よりもっと人見知り&知らない場所や物事にビクビクオドオドな性格だったので、既に結構ぐったりきてたんですよね。まだ何も見てないくせに「これ飲んだら見知ったコペンハーゲンまでトンボ帰りしてもいいかな…」とか頭をよぎってました。

 

でもこのままだといつまでたっても新しいことに触れられないので、とにかくすぐそこにあるはずのフレデリクスボー城は訪れたいと思い、カフェを出ました。

  

ガイドブックにはヒレレズ駅から少し歩くとフレデリクスボー城があると書いてあったので、ゆるやかな上り坂になってる道を歩いていきます。

 

あ、あれかな?いや、ちょっと小さいような…

 

ヒレレズ警察署(旧市庁舎)

f:id:LonelyKingdom:20200724013721j:plain

デザインが気に入って写真撮影した建物、帰国してからヒレレズ警察署(旧市庁舎)だと知りました。

 

さて、お城はどこなんだろう?

 

うろうろしながら更に道を登っていきます。

 

少し歩けば着くはずなんだけど…

 

かなり歩いたような…

 

いつの間にか観光客らしき人は見当たらず、 地元の人の生活圏内のような雰囲気の場所へ。

 

というか地元の人も殆どいない。

 

ここまでくると流石の方向音痴も歩みを止めます。

 

ここはどこ?

 

辺りを見回すと、お店らしき建物の前で掃除をしてる女性を発見。

 

道に迷った観光客丸出しで「す、すみません…!フレデリクスボー城はどこですか…?」と地図を片手に尋ねました。

 

なんかね、全然違う方向、というかお城の外周近くの道をお城から遠ざかる方向へひたすら歩いてたみたいで、目的地を告げたら声を掛けた時以上にびっくりされました。

「行き過ぎてるよ!」

「ええ!」

「今この辺だから、来た道を戻って。駅の近くだからw」

「おお…そうなんですね」

「大丈夫?」

「お、おっけー、行ってみます!ありがとうございます!」

そんなやりとりをして、おっけーではなかった気がするけど、来た道を戻る事に。多分、なんであんな大きな城を見逃したんだコイツは?と疑問だったと思いますが、親切に対応して貰えて助かりました。

 

戻りは下り坂だから速足で行ける。そして見渡せる。

 

あ、あれは、湖!ということは…

 

フレデリクスボー城

f:id:LonelyKingdom:20200728183748j:plain

み、見えたー!

 

f:id:LonelyKingdom:20200724013746j:plain

着いたー!

 

f:id:LonelyKingdom:20200728200844j:plain

城内!

f:id:LonelyKingdom:20200728200857j:plain

パラス湖とフレデリクスボー城!

 

f:id:LonelyKingdom:20200728200905j:plain

庭園とフレデリクスボー城!

 

スカンディナヴィア最大のルネサンス様式の宮殿とバロック様式の庭園は、かつてはクリスチャン4世のお城として、現在は国立歴史博物館として、ヒレレズ市街に厳かにたたずんでいます。

 

城内と庭園を堪能してから、

f:id:LonelyKingdom:20200728201800j:plain

湖の周りを少しぶらぶら。先ほどの迷子ドキドキはどこへやら、綺麗なお城を目の当たりにして心はホクホクです。

 

さて、そろそろクロンボー城のあるヘルシングエーアへ向かいましょう。

ヒレレズ駅に戻ってホームを確かめ、40分ほどでヘルシングエーア駅に着きました。

 

この時点で結構いい時間になってたと思います。

コペンハーゲンを出たのは午前中でしたがそこまで早い時間でもなく、電車もトータルで約90分、ヒレレズではカフェで一息して迷って城内ぶらぶらして数時間。

 

もう、道に迷う時間は、ない…!

 

疲れると電車で寝入ってしまう癖があるんで、そうならないように余裕を持ってコペンハーゲンに帰りたかったんですね。北欧は治安がいいとはいえ知らない土地での居眠り乗車はちょっと危ないかもしれないし、眠りこけた挙句に乗り過ごしては困ります。

 

ガイドブックによるとここから乗り継ぎなしでコペンハーゲンへ着く電車があるみたいだから、それに乗り遅れないように戻ってこよう。 

と帰り時間を決めて、今度は少し気合を入れてガイドブックの地図を確認。ヘルシングエーア駅から海を右に、海沿いを進めばクロンボー城へ辿りつけそうです。

 

クロンボー城へ向かうと思われる観光客がぱらぱらいたのと、海沿いは見晴らしが良かったおかげで、今度はスムーズに目的地へ向かえました。

 

クロンボー城

f:id:LonelyKingdom:20200724013857j:plain

着いた!

 

f:id:LonelyKingdom:20200724014007j:plain

f:id:LonelyKingdom:20200724014014j:plain f:id:LonelyKingdom:20200724014023j:plain f:id:LonelyKingdom:20200724014029j:plain

年々要塞が強固になってゆく様子がうかがえる石版。

 

f:id:LonelyKingdom:20200724014036j:plain

お堀に白鳥。

 

2000年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたクロンボー城。先ほどのフレデリクスボー城とは打って変わって強固な造り。要塞としての役割を果たしてたお城なんですね。

シェイクスピアの『ハムレット』の舞台としても有名なお城でもあります。

 

クロンボー城から少し歩いて海を眺めれば、 

f:id:LonelyKingdom:20200724014042j:plain

隣国スウェーデンの陸地が見えます。わずか7kmほどの距離らしいです。

 

しばし波の音に耳を澄ませながら、ぼんやりと地平線を眺めてました。

 

来てよかった。

 

北欧は自然が多く静かで落ち着きます。人口も少な目で治安も比較的よく、夏の終わりには観光客の数も減るので、ぶらぶらのんびり散歩したい私のような人間にとってはもってこいの旅先です。

 

念願のお城2つを堪能して大満足。そろそろ帰路につきましょう。

 

ヘルシングエーア駅に戻って、コペンハーゲンへ1本で行けるという電車でスルッと帰りましょう。かなり歩いたから早くホテルのベッドに横になって足を休めたい。

 

が、そこは半ヒキぼっちロンのぼっち旅珍道中。そうスムーズに帰れるわけがありません。

 

駅に着いて時刻表やホームを探索しますが、それらしい電車は一向に見つからず、頭をひねります。

目的の時刻よりも結構早めにきたので、もう発車しちゃった、ということはないと思うけど…

 

一旦、これかな?という電車に乗ってみたものの、やはり違和感があったので、ホームのベテラン駅員さんという風貌の男性に尋ねてみることに。

 

すると更にここでもう一関門。話し始め、お互い何を言ってるのかが聞き取れないという事態に。

この方は英語があまり話せないみたいで(親近感)、デンマーク語で返事をしてくれたみたいなんですが、残念ながら私はデンマーク語は殆ど出来ず、これまでは挨拶程度のデンマーク語と拙い英語で乗り切ってました。

 

うーん、困った。デンマーク語が喋れたらなあ…ええい、ぼっちは度胸だ。

 

固まっててもしょうがないし駅員さんのお仕事の邪魔なので、いちかばちか、聞きかじりのデンマーク語らしきものを身振り手振り交えて喋ってみて、耳を研ぎ澄ませます。すると…

 

「ダイレクトに、コペンハーゲンに行く電車?ああ!それは夏の間だけの電車だよ!」

「(つ、通じた!それに耳もちょっと慣れてきたかも…え、今なんと?)夏だけ、ですか?」

「そうだ。夏だけ。コペンハーゲンに行くなら、とにかくあれに乗りなさい」

「お、おーけー…!ありがとうございます!」

今度も心境は全然おーけーじゃなかったけど、とりあえず言われるがまま乗車しちゃいました。この方も親切に対応してくださって本当に助かりました。

 

電車に乗ってちょっと落ち着いたので、改めてガイドブックの路線図で乗り換え駅をチェック。コペンハーゲンへ戻れそうです。

 

ホテルに着くまでが今日の小旅行。途中少しだけウトウトしちゃいましたが、乗り換えも成功して無事にホテルに辿り着きました。

 

自分の無能さに戦々恐々でしたが、充実の1日でした!

足はパンパン、心臓はドキドキ。でも思い切って足を延ばして本当に良かったです。

 

ぼっち旅ですが(寧ろぼっち旅ゆえ?)地元の人々に助けられっぱなしの珍道中。旅の恥はかき捨てと言いますが、滞在時間が短いと親切にして下さった人達にきちんとお礼が出来ない歯がゆさはありますね。しっかりしないとな。

 

さて、今回はこの辺で。

翌日はデンマーク滞在最終日で、コペンハーゲンの中心地をぶらぶらしました。

その話はまた次回に。

 

それではまた♪

ことりっぷ 海外版 北欧 (旅行ガイド)

ことりっぷ 海外版 北欧 (旅行ガイド)

  • 発売日: 2015/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)